タグ:Ai Micro 55/2.8 ( 5 ) タグの人気記事

2010年 01月 31日
痺れるレンズ
f0175788_19581545.jpg

D700 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8で撮影

古いNikonのMFレンズの中でデジタルで使ってもキレのある写りで定評のある
105mm F2.5 。 最近は玉数も少なくて程度の良いのは2万円以上していて
いるのですが、Ai-SでないAiタイプを1万円以下で見つけました。

f0175788_19594491.jpg

D700 + Ai NIKKOR 105mm F2.5で撮影

ファインダー覗いただけでビシッ!とした画が飛び込んできます。

久しぶりにグッときたレンズだ。



関連記事
安レンズでも中々楽しめます。 その4  接写リングで等倍撮影
安レンズでも中々楽しめます。 その3 55mm Microで絞ってみる
安レンズでも中々楽しめます。 その2  Ai Micro 105mm F4 
安レンズでも中々楽しめます。 その1  Ai Micro 55mm F2.8
[PR]

by jump1700 | 2010-01-31 20:13 | 撮影機材
2010年 01月 10日
安レンズでも中々楽しめます。 その4  接写リングで等倍撮影
デジタルカメラ専用に作られたレンズにくらべてもそんなに遜色の無い写りを
してくれるAi Micro 55mm F2.8ですが最大撮影倍率は1/2倍しかなく
AF-S 60mm やAF-S VR 105mm Microのように等倍撮影可能なマクロレンズと
違って花のシベのクローズアップとかを撮るには難しいものがあります。

でもご安心下さい。 ちゃんと等倍撮影出来るように接写リングが用意されています。
(定価 7,350円で現行販売品)

PK-13 オート接写リング
f0175788_1131483.jpg

D5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8で撮影


この接写リングをつけて撮るとグイ~ンと寄れます。
f0175788_11372423.jpg

f0175788_11373656.jpg

2枚ともD5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8 & PK-13で撮影

でもこの2枚を見比べて分かると思いますがピントのくる位置はすごく浅くなります。
特に手持ちで撮る時はピンボケ連発にならないように注意しましょう。

ちなみにこのPK-13は都内の中古カメラ店で3000円以下で購入。
ただのリングですからわざわざ新品買うこともないでしょうし、程度の良い中古を
見つけるのが安レンズの楽しみ方でしょうね、


  ***   注 意   ***

D5000で検索されてこのブログを見られている方も多いようですが、ふつうに「お子さんの
写真を撮りたい」、 「ペットを撮りたい」 というきっかけでデジタル1眼レフを買われた方には
安レンズで遊ぶ・・ はお勧めできません。
ちゃんと現行品のレンズを買って撮影した方が幸せになれると思います、

とくにD5000では完全マニュアル撮影になるので露出の考え方が理解できてからに
しないとストレス溜まると思います。


関連記事
安レンズでも中々楽しめます。 その3 55mm Microで絞ってみる
安レンズでも中々楽しめます。 その2  Ai Micro 105mm F4 
安レンズでも中々楽しめます。 その1  Ai Micro 55mm F2.8
D5000にパナの1.2倍マグニファイヤー装着
[PR]

by jump1700 | 2010-01-10 12:06 | 撮影機材
2010年 01月 09日
安レンズでも中々楽しめます。 その3 55mm Microで絞ってみる
Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8はD5000のDXフォーマットで使うと35mm換算で
約1.5倍の82mm前後。
食卓テーブルに被写体を置いて三脚で撮影する僕のスタイルには使いやすい画角です。
これ以上長いと後ろへの引きしろの無い狭い我が家では取りまわしが悪くなるので、、、

もちろんFXフォーマットで使えば、そのものズバリの55mmレンズですから、より
撮影の時のイメージがしやすいのではないでしょうか。

自分は部屋撮りの時はF8前後を基本に深度を稼ぎたい時には絞りこんでいきます。
あまり絞り込むと回折現象で画が甘くなるといわれますが、僕はあまり気にしません。
素人の趣味ですから、絞りたい時は絞ります (笑

絞り F8、 S/S 1/5秒
f0175788_1725192.jpg


絞り F22、 S/S 2秒
f0175788_17262489.jpg

2枚ともD5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8で撮影


ちなみにこのレンズ最大絞りはF32! さすがマクロレンズ

関連記事
安レンズでも中々楽しめます。 その2
安レンズでも中々楽しめます。
D5000にパナの1.2倍マグニファイヤー装着
[PR]

by jump1700 | 2010-01-09 17:34 | 撮影機材
2010年 01月 09日
安レンズでも中々楽しめます。 その2 Ai Micro 105mm F4
Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8に引き続きマクロレンズをもう1本。
室内撮りでは55mmがちょうど使いやすい長さですが、外でとなると
ワーキンクディスタンスが稼げないので、そのうち105mmの安いのが
あったら、、、 と思っていたら本当に状態の良い105mm F4が
1万円以下であった。
105mmだとF2.8をチョイスするのが普通だと思いますが、このF4は
めちゃシャープな写りをするレンズなんですね。

Ai Micro NIKKOR 105mm F4
f0175788_1275247.jpg

D5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8で撮影



正直今すぐ必要なレンズじゃないので新品なら「待ち」なんですが、こと中古と
なるともっと安くて良いのに出会えるかもしれないし、もっと高くてボロいレンズしか
出てこないことも。 まさしく一期一会 (っていうほど大袈裟な事でもないが  笑)

買った日の夕方に西新宿で撮った1枚
f0175788_12214590.jpg

D700 + Ai Micro NIKKOR 105mm F4で撮影
街角スナップですが十分にシャープな画を写してくれるレンズです。



ところで今回使っているレンズはAi Micro NIKKOR 55mm F2.8をD5000にセット。
前にも書きましたがD5000ではカメラの露出計は使えないのでマニュアル露出になります。
でもそこはデジカメ。 1枚写しておかしければ露出を変えて追い込んでいけばいいのです。

お金があったら最新の60mm、85mm Microとか買っても良いでしょうが、ちょっとの手間を
楽しめる気持ちがあれば、こんな安いレンズでも十分マクロ撮影が楽しめますし
僕のレベルではD5000は十分な能力のボディーですね.


関連記事
安レンズでも中々楽しめます。
D5000にパナの1.2倍マグニファイヤー装着
[PR]

by jump1700 | 2010-01-09 13:01 | 撮影機材
2009年 12月 22日
安レンズでも中々楽しめます。その1 Ai Micro 55mm F2.8
その1
先日新宿で買った AF35/70mm 実はデジタルフォト誌に載っていた
標準ズームの前玉を外して高倍率マクロに変身させるという記事が
頭に残っていた時に1,700円で発見。

「これ下さい~~」とお買い上げして速攻前玉外して覗いてみたら
ボケボケ・・・(謎
そうなんです、このレンズ前玉がフォーカスリングと一緒に動くレンズ
なんでマクロ変身にはなりません、、、 orz

気を取り直して、D700に装着して撮ってみたら意外と良く写るんでちょっとビックリ。
普段の部屋撮りやご近所のスナップなんかには気使わないで使えるからいいかも。
f0175788_23272857.jpg

D5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm で撮影



その2
マクロ改造計画が頓挫して別な中古標準ズームを調達しようかと思ったけど
4,000円位するんですね。 AFは必要ないし(あればあったで便利だけど)
ここは安マクロレンズ購入に思考変更。

この辺がNikon Fマウントのいい所。  値段も種類もよりどりみどり。
で、今回選択したのは Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8 6,000円。
若干チリがありますが、状態はすごく良くて絞り環をカチカチと回して操作する
感触はたまりません。
D700にはレンズ情報を入力したらカメラの露出計が使えるようになるし
D5000では全くのマニュアルになるけど、部屋撮りの露出は大体分かっているし
露出計もあるから問題なし。
なによりバリアングルでマクロ出来る喜び。 Nikonに変えてからモヤモヤしていた
ものが6,000円で気分爽快になった(笑
f0175788_23141295.jpg

D700 + AF 35/70mmで撮影



さあ、明日は年賀状さっさと書いて近所でもスナップしましょうかね、
[PR]

by jump1700 | 2009-12-22 23:30 | 撮影機材