カテゴリ:MAC( 14 )

2009年 07月 14日
VMware Fusion2 英語キーボード使用時の注意 その2
レジストリの変更方法を忘備録として・・

レジストリエディターを起動して
・HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters を開く。

・LayerDriver JPN の値をkbd101.dll に修正

・OverrideKeyboardIdentifier をPCAT_101KEY に修正

・OverrideKeyboardSubtype を0に修正

レジストリエディターを終了して再起動。

※レジストリエディターの誤操作は重大なトラブルが発生する可能性があります。
 十分に注意し自己責任にて行ってください。


-------------------------------------------------------------------------------------

もう一つ困った問題、、、
Mac(ホストPC)からは会社のサーバーにアクセス出来るのですが、Windows(仮想PC)から
サーバーに入れません。

IPアドレスを調べてみたら、仮想PCのIPがホストPCと違ってます。(ググッてみたらFUSIONの中の
仮想ゲートウェイとやらでIPを変えているらしい)

社内で異端児のMac、しかも仮想でWindowsを起動という状況で固定IPを割り振ってもらえる
訳もなく、自力で解決するにはハードルが高すぎて自分には無理っぽいッス。

このあたりは割り切るしかなさそうです、、、
[PR]

by jump1700 | 2009-07-14 12:25 | MAC
2009年 07月 13日
VMware Fusion2 英語キーボード使用時の注意
今までBootcamp領域をFusion2から仮想で立ち上げていたのですが
仕事で使うUSB - シリアル の通信ソフトの動作確認も出来たので
Bootcampを削除してFusion2のみでWindowsを使うことを決心。

この際なので、パーテーションも切りなおしてOSXも再インストール。
認証が必要なAcrobatとCapture Oneはアクティベーション解除。
(これを忘れるとえらいメンドクサイ事になります、、、)

で、まずはOS XをインストールしてMacbookの環境を整備。
その後、FusionからXPをインストール。
マニュアルに書いてあった

「簡易インストール」 という方法で・・・・

その後Winのアプリケーションをインストールして昨夜は終了。

今日Fusionから立ち上げたXPで仕事をしようとしたら、[@]マークの入力で
["]が入力されてしまいます。
キーボードのプロパティを見るとちゃんと101/102英語キーボードとなっているのに、、
Why??

でもこの症状はデスクトップ機に英語キーボードをつなげた時の症状と
あきらかに一緒だな、、、とネットを探すも有益な情報無し。

仕方なく販売元のact2にTELして聞いてみたら、

「簡易インストール」だとプロパティは英語キーボードで表示されても、内部は
日本語キーボードと認識されているので、簡易インストールを使わないで
Windowsをインストールして下さい」 との事。

マニュアルは家に置いてきたから正確には覚えていないけど、そんな記述は
無かったような、、、

どちらにしてもXPの再インストールしか解決の道は無いようです。
英語キーボードをお使いの方でFusionを導入される方はご注意を。
「簡易インストール」を使っちゃ駄目ですよ。
[PR]

by jump1700 | 2009-07-13 11:27 | MAC
2009年 05月 09日
Appleキーボード
10キー無しのUSキーボード

値段は国産のWindows用英語キーボードの倍以上しますが、文句無しに
格好良い。
f0175788_1361089.jpg

あーだこーだ悩まずに素直にこのキーボードを買えば良かった。

関連記事
MacBookとWindowsでキーボードを共有したかったが、、、
[PR]

by jump1700 | 2009-05-09 12:45 | MAC
2009年 05月 06日
MacBookとWindowsでキーボードを共有したかったが、、、
出張の連続でボロボロになったままGWに突入。
最初から計画もありませんでしたが、テレビの渋滞ニュースを横目に
家でグダグダ三昧。
こんな休日の過ごし方も人間的で良いのではと自答しつつPCの整備だけは
やってました。

頼んでいたDELLのデスクトップが届いたので、Dataを移行しながらHDD増設したり、
地デジチューナー付けたりとデスク周りを整理。

デスクの片付けも最終段階に入った時にMacとWin両方で使えるキーボード&マウスの
切替器を接続。 これで完成と思いきや、そうは問屋がおろしてくれませぬ。

液晶ディスプレイに入力はDVIとVGAがあるので、WindowsはVGA、MacBookは
DVIをリッドクローズモードで使おうと画策していたのですが、MacBookをリッドクローズして
スリープに入ったらキーボード&マウス切替器は自動的にWindowsに接続してしまい
外付けキーボードを叩いてMacBookのスリープを解除する事が出来ません。
冷静に考えてみれば当然の事なんですがね、、、、

Macの液晶を開いたままにすれば切替器は動作しますが、これだと解像度がMacBookの
液晶の解像度に引っぱられ1280x800になってしまいます。
外付け液晶の解像度1920x1200を活かせないのはあまりにも悲しく、結局MacBook用に
Appleキーボードを買おうかと思案中。 

MacBookとWindowsの両刀使いの皆さんはどうやってキーボード&マウスを共有
しているのでしょうか。  もう少し頭を冷やして考えてみましょうかね。


写真は知人に借りていたE-1で撮った近所の電話Box
記事とは何の関係もありませんが、少しづつ画像の整理をし始めたので、、

f0175788_19064.jpg

[PR]

by jump1700 | 2009-05-06 19:00 | MAC
2009年 02月 08日
GyazMailを使ってみる。
少しずつアプリケーションを入れてMacの環境整備を進めていくと、最初は画像編集をMacで、
仕事関係は仮想のXP環境で、と思っていたんだけど、だいたいの事はMacで出来てしまうな、、、
そんな中でメールだけは仮想に飛んでBecky2を使っていた。

ほとんどの方はOSに付属で付いてきたり、Officeソフトに付いてくるメールソフトを使って
いると思うのですが、Beckyのリモートメール機能を使ってからはこれ1本!
このリモートメール機能はメールを受信する前にサーバーを見に行って、不要なメールや怪しい
メールを削除してしまう機能。
サーバーで削除してしまうので、仕事のPCも家のデスクトップもMacも同じ状態を保てる。

で、Macのメールソフトでこの機能を備えているものが無いのかな? と探してみたら、ちゃんと
あるんですね。 GyazMail というソフトが! (シェアーウェアー 2,100円)
で、さっそく40日間有効の体験版をダウンロードです。
f0175788_1101160.jpg

アカウントの下にあるリモートと書いてあるアイコンを表示させるとサーバーの状態を表示

もう少しアイコンを増やしてメニューから操作しなくても出来るようになれば良いのですが
今後のアップデートに期待したい所です。

ともあれこれでMacでメールも見れるようになって増々仮想に飛ぶ回数が減りそうだ、、
[PR]

by jump1700 | 2009-02-08 11:12 | MAC
2009年 02月 07日
LIGHTROOM2 の段階フィルターを使ってみる
まだライブラリーの考え方を始め、基本的な事を何も理解していないのですが
段階フィルターを使って空のトーンを変えてみた。

使い方はとっても簡単。 範囲を指定して角度を決めて、位置を調整してから
パラメーターを調整するだけ。
グラデーション状に変化するから、トーンカーブ弄るよりも空の感じはGOODでないでしょうか。

JPEG撮って出し
f0175788_1743592.jpg


LH2の段階フィルターで補正
f0175788_17433621.jpg


普段ここまで派手に弄る事はありませんが、、、(笑
[PR]

by jump1700 | 2009-02-07 17:45 | MAC
2009年 01月 31日
結局 パーテーション分割が原因だった、、、
現場の合間合間でMac OS Xの再インストールをやっていたんだけど、BootCampから
XPを立ち上げると起動まで4分近く掛かる・・・
仮想から普通に起動するので、まあ良しとして使っていてWindows Updateをかけたら
いきなりブルーバック。セーフモードでも起動しないし、何をやっても修復出来ない状態に
なってしまい、再びWindowsの入れ直し。

BootCampから起動すると普通に1分に少々で起動。 これでやっと呪いから解放されると
喜んだのもつかの間、MacにFusionを入れ直して仮想から起動。 もう一度BootCampに
戻って XPを起動すると、またまた4分近く掛かる・・・

一連の不具合原因がようやく分かりましたよ。
・Mac OSとBootCamp、そしてDataの3パーテーションの状態でFusionは正常動作しない。
 いや正確に言うとFusionは正常なのだが、BootCampからの起動に何かしらの影響を与えて
 しまうようだ。

こうなると3パーテーションを止めるか、BootCampを止めて仮想だけにするか、どちらかを
犠牲にしないとならないのだが、comポートを使って外部制御をする都合上どうしても
リアルWindowsの環境は残しておきたいから(だったらWindows使えよ!という突っ込みは
ナシね 笑) 3パーテーションは諦めて、Mac OSとBootCampの2パーテーションで再イン
ストール。

何事も無かったの如く、MacもXPも仮想も動くようになりました。
結局何回OSを入れ直ししたんだろう、 、  疲れましたわ(汗)

関連記事
OSを再インストール中
[PR]

by jump1700 | 2009-01-31 17:02 | MAC
2009年 01月 25日
OSを再インストール中
睡眠時間4時間の日々が2週間続いてカメラを触る時間も気力もない状態が
続いています(泣

前回、HDDを交換してMac OS Xを再セットアップした時、BootCampは
単一パーテーションからでないと使えない。 というので単純にMacとWindowsで
パーテションを半分に切ってインストールしたのですが、やっぱこれだと使いにくい ・・

方法論は2つ
・HDDのフォーマットから初めて新規にOSからインストール
・iPartition 等のアプリケーションを使う。

ものぐさな自分はiPartitionはBootCamp領域もリサイズ出来ると書いてあったので
一抹の不安を覚えつつもIpartitionのダウンロード版を購入。
付属のアプリケーションで起動Diskを作成してリサイズ&パーテーション作成。

まだアプリもDataもほとんど入れていないので、ものの3分で終了~~ ^^
やっぱiPartition買って良かった ~~~と喜んだのもつかの間、 不安的中
OS Xは大丈夫なんだけどWindowsが起動しなくなりました orz

という事で本日午後、HDDのフォーマットからやり直しています。

Mac使いの人にはどってことない事だと思うけど、以下自分のメモとして、、、

今回はData領域 300GBをFATでフォーマットしたかったので、BootCampを
使わないでXPをインストール。

・インストールDVDで起動、ディスクユーティリティーで3つのパーテーションを作成。
・パーテーションの順番はMac OS、Data、XPの順番で切る (要はMacが先頭、
 Winは最後のパーテーションに入れる。 この順番を間違えるとWindowsのインストール
 が途中で出来なくなる)
・Mac OS Xのインストール。
・インストール完了後、XPのインストールディスクを入れて再起動。
 (再起動の前に起動ディスクをXPにしておくと、Windowsのインストールで何回か
 起こる再起動の時にoptionキーを押さなくてすむので便利)
・XPのパーテーションをFATからNTFSにフォーマットしてXPのインストール。

とこんな順番。 まだまだ先は長いな、、、、

皆さん、起動ディクスのパーテーションは弄っちゃ駄目ですよ~~ (笑

関連記事
Mac Bookを設定中 その3
Mac Bookを設定中 その2
Mac Bookを設定中
[PR]

by jump1700 | 2009-01-25 16:53 | MAC
2009年 01月 11日
どこでもMac
出先でネットに繋げなければいけない必要に迫られて購入。
EMOBILEのD02HW。 さらにPHS300というWiFiアクセスポイントと接続すると
歩くホットスポットに変身。
最大16台のWiFi機器が接続可能、しかも時間は短いけどバッテリー駆動可能。
f0175788_13173811.jpg



EMOBILEの料金は新2年プランで月々1,000〜最大4,980円、PHS300は19,800円で購入。
この金額が高いか安いかは人それぞれだと思いますが、、、

日本のホテルは大抵ネット完備しているので出張先のホテルで困る事は無いけど、
客先や現場作業で自分のネット環境を実現出来、何よりPCにケーブルが繋がず、
USBのマウント、アンマウントを気にする事も無くネットに接続出来るのは素晴らしい。

ちなみに秋葉原のモバイル専科では外付けバッテリーも付いてキャンペーン価格の19,800円。 
f0175788_13365030.jpg


秋葉原まで行ける人ならAmazonで買うより絶対安い。
この外付けバッテリーにもACアダプターが付いていてプラグ形状はPHS300と一緒!
つまり自宅と会社に1個づつ置いておけるというメリットも。
PHS300の内部バッテリーのみだと約2時間。 外付けバッテリーの容量は4400mAh。
まだAC使用環境でしか使っていないけど、外付けバッテリーも使えば5〜6時間はいけそうな予感・・(^^
[PR]

by jump1700 | 2009-01-11 13:40 | MAC
2009年 01月 10日
MacBookを設定中 その3
年が明けてもう10日も経つというのにMacBookの設定は相変わらず継続中。
気持ちが熱い内に一気にやってしまいたいけど頭と時間がついてこない・・・
WindowsはBootCampよりもFusionの仮想で立ち上げる方が絶対に使いやすい。
ただし雑誌等にも書かれているが、BootCampヴォリュームでインストールした
アプリケーションの一部は仮想ヴォリュームで立ち上げた時に再アクティベーションを
求められ認証不可になる。

自分が入れた範囲ではacrobat、VisioはNG。 基本的にMicrosoftとAdobeのネットで
認証するアプリはNGみたいだ。
Office2000、Photoshop7、イラストレーター10等、旧ノートPCで使っていた
二世代以上も前のアプリはどっちのヴォリュームからも立ち上げられた。

この辺りの情報はいずれ整理してアップ出来たらとも思うが、 すべてのアプリが
デュアルブート可能になるとMacの使い勝手は飛躍的に高まると思うのですが、、

ちなみに仮想環境の安定性は素晴らしい。 アプリケーションのインストールも含めて
通常のWindowsと何ら変わる事無く自分は使えている。
そうなるとBootCampは必要か? という話になるんだけどそれに関してはまだ結論を
出せませぬ。。

f0175788_22562296.jpg


それからMacBookでもやっぱりマウスはあった方が使いやすいッすね。
前に買ったBluetoothマウス。 値段は高くて躊躇したけど、USBポートが
2つしかないMacBookならBluetoothを使わない手はありませぬ。

f0175788_2344891.jpg


関連記事
MacBookを設定中 その2
MacBookを設定中
やっとこさMacBookを購入
[PR]

by jump1700 | 2009-01-10 23:16 | MAC