2010年 11月 06日
Blurbでオーダーしたフォトブックが届いた。
先月従弟の結婚式に出席した写真をフォトブックにして渡してあげようと思ったものの、前回家族旅行の写真をFUJIFILMで作った時24ページをハードカバーで作ったら1冊5,000円近くかかった記憶が頭をよぎった。
結婚式の写真を20数ページに収める事なんて到底不可能で、一体いくら掛かるのか・・・ということから少しでも安くフォトブックを作れないものかと探して見つけたのが、アメリカのBlurbという会社。

色々調べてみたが、値段はピカ一で安い。 ほんと日本メーカーやカメラ屋にオーダーするより1/3の値段で出来てしまう。 でも安かろう悪かろうでは困るからクオリティーは? とググッてみるもこれは主観的要素が大きく、満足な人もいれば、不満な人もいるようでこればっかりは自分で作ってみないと判らないが、クオリティーも1/3という事は無いだろうと今回はBlurbで作る事に決定。

そしてBooksmartというソフトが非常に扱いが簡単なのが良いです。 定型レイアウトも多数用意されていますが、写真を張る位置も大きさも後から自由に変えられるのであまり悩まずに作業を進められます。
このアプリはMAC用も用意されているのが嬉しいですね。 メニューは英語ですが日本語のテキストも直接入力しないでエディター等からコピペすれば問題なく印刷されるようです。(私は今回文字は入れていないので判りませんが)

Blurbの特徴を簡単に書くと
基本サイズは18cm x 18cm 、20cm x 25cm、25cm x 20cm、33cm x 28cm、30cm x 30cmの5タイプ。

表紙はSoftcover、Hardcover(Dust Jacket)とHardcover(ImageWrap)の3種類。あとはページ枚数と用紙の種類をPremium(光沢 or マット仕上げ)で値段は決まります。
ちなみに今回自分が作ったのは18cm x 18cmardcover(ImageWrap)の光沢紙で70ページ。 金額は1冊$36.95 約3,000円位でしょうか。
f0175788_1743282.jpg


送料はEconomy、Priority、Expressの3つから選べますが、当然Expressが一番高いです。急がないのならEconomyでもいいかもしれませんが、追跡番号が発行されないので発送後はひらすら待たなくてはいけません。 今回は4冊作ってExpress発送で$35.87でした。
f0175788_1756363.jpg


今回は土曜日にDATAをアップロードして木曜日にはFedExで発送、土曜日には成田について月曜日に配達予定というスピーディーさに唖然。 FUJIで作った時には2週間掛かりましたから、、
でも次回頼む時は2,3日遅くなっても構わないのでPriorityにします。


出来上がったフォトブック
f0175788_1811440.jpg


Hardcover(ImageWrap)の仕上げ1
f0175788_1801956.jpg


Hardcover(ImageWrap)の仕上げ2
f0175788_1815727.jpg


仕上がりの感じ
f0175788_1834137.jpg


で、フォトブック事態の仕上がりはどうかといいますと、画像みてお気づきの通り細かい所は結構雑です(笑
写真の仕上がりは良いのもあれば、あれ?という感じのもありました。 特に小さい枠に入れる画像は解像度を少し下げておいたほうがいいのかもしれません。 このあたりはまだ1回目なので次回頼むときに確認してみたいと思います。

概ね今回はBlurbにオーダーして満足しています。ページが少なく1冊とかしか作らない場合は送料が割り高になってしまうのが悩ましいところですが。

それから海外発送はFedEx or UPSと書かれていますが、日本へはほとんどFedExd送られてくるようです。 しかしFedExは原則土日と18時以降は配達してくれません。 東京・大阪などの首都圏以外には自前の配達網を持っていないので他の運送会社に委託するのですが、これがまたマイナーな運送会社が多いみたい。
ちなみに私の住む埼玉へは西武運輸が配達でしたが、ここも18時以降は駄目。 ヤマトや佐川のようなサービスを期待してはいけません。 自宅で日中受け取れない方はBlurbにオーダーする時に配達先を会社等にしておきましょう。
日本に到着してから配達先を変更しるとFedExは「変更費用で1,200円頂きます」と言い放つから要注意です。
[PR]

by jump1700 | 2010-11-06 18:41 | いろいろ


<< 新宿SNAP      新宿SNAP >>