2010年 01月 23日
D5000の高感度撮影はどうよ?
センサー自体はD90、D300と同じといわれているD5000ですが実際の所
D5000での高感度撮影ってどうなんでしょうか。

高感度にする = シャッタースピードを稼ぎたいということですから、写真の
出来はセンサーもさることながら、カメラやレンズの性能、そして一番大きな
撮影者の 【腕】 という要素がからんでくるので一概には言えないですよね。

どこぞの雑誌でもたしか感度別に撮った写真でノイズの出方とかの記事が
ありましたが、「実際使い物になるのか?」という所が知りたい所です。

そんな訳でD5000のWズームレンズキットに入っている 55-200mm F4-5.6Gで
新幹線を流し撮りしてみました。
ちなみに夜の新幹線流し撮りは初めてのトライなんで写真の不出来はご容赦下さい。
このレンズ明るくはありませんが、手振れ補正が効くのと小型なんで持ち運びが楽で結構使えます。

ISOは実用上限の1600にセット。 さすがに3200はノイジーで緊急用という感じです。
f0175788_1629062.jpg

f0175788_1629171.jpg

2枚ともD5000 + AF-S DX 55-200 F4-5.6G VRで撮影

いくら手振れ補正が効いていても素人の初流し撮り、且つSSは1/10、1/20しか稼げないので
ブレていますが、ノイズ出まくり・・ みたいな感じにはなりませんでした。
もっとも背景が暗いのでノイズも見えにくいのかもしれませんが、D5000でもISO 1600までなら
十分使えるんじゃないかなと自分は思っております。

結構使えますよ D5000!

関連記事
D5000で夜景・イルミネーション撮り
D5000にパナの1.2倍マグニファイヤー装着
[PR]

by jump1700 | 2010-01-23 16:40


<< 武蔵野富士      原点 >>