2010年 01月 10日
安レンズでも中々楽しめます。 その4  接写リングで等倍撮影
デジタルカメラ専用に作られたレンズにくらべてもそんなに遜色の無い写りを
してくれるAi Micro 55mm F2.8ですが最大撮影倍率は1/2倍しかなく
AF-S 60mm やAF-S VR 105mm Microのように等倍撮影可能なマクロレンズと
違って花のシベのクローズアップとかを撮るには難しいものがあります。

でもご安心下さい。 ちゃんと等倍撮影出来るように接写リングが用意されています。
(定価 7,350円で現行販売品)

PK-13 オート接写リング
f0175788_1131483.jpg

D5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8で撮影


この接写リングをつけて撮るとグイ~ンと寄れます。
f0175788_11372423.jpg

f0175788_11373656.jpg

2枚ともD5000 + Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8 & PK-13で撮影

でもこの2枚を見比べて分かると思いますがピントのくる位置はすごく浅くなります。
特に手持ちで撮る時はピンボケ連発にならないように注意しましょう。

ちなみにこのPK-13は都内の中古カメラ店で3000円以下で購入。
ただのリングですからわざわざ新品買うこともないでしょうし、程度の良い中古を
見つけるのが安レンズの楽しみ方でしょうね、


  ***   注 意   ***

D5000で検索されてこのブログを見られている方も多いようですが、ふつうに「お子さんの
写真を撮りたい」、 「ペットを撮りたい」 というきっかけでデジタル1眼レフを買われた方には
安レンズで遊ぶ・・ はお勧めできません。
ちゃんと現行品のレンズを買って撮影した方が幸せになれると思います、

とくにD5000では完全マニュアル撮影になるので露出の考え方が理解できてからに
しないとストレス溜まると思います。


関連記事
安レンズでも中々楽しめます。 その3 55mm Microで絞ってみる
安レンズでも中々楽しめます。 その2  Ai Micro 105mm F4 
安レンズでも中々楽しめます。 その1  Ai Micro 55mm F2.8
D5000にパナの1.2倍マグニファイヤー装着
[PR]

by jump1700 | 2010-01-10 12:06 | 撮影機材


<< D5000で夜景・イルミネーシ...      安レンズでも中々楽しめます。 ... >>